よくある質問 | 名刺印刷の名刺屋ドットコムよくある質問 | 名刺印刷の名刺屋ドットコム

名刺印刷の名刺屋ドットコム HOME > 名刺豆知識


第1回 名刺の歴史


名前が書いてある紙なのに紙ではなく刺を使うのは名刺の起源に
理由があります。 中国の唐の時代に訪問先が不在だった時に木
や竹に自分の名前を書き戸口にしていたそうです。「名」前を書い
た札を「刺」していたので名刺と呼ばれるようになったといわれてお
ります。ちなみに三国時代の呉の武将朱然の墓から見つかった名刺
が現存する最古の名刺と言われております。

ヨーロッパで名刺が使われるようになったのは16世紀ドイツだと言
われております。その後ヨーロッパ社交界で欠かせない物となります。
当時の名刺は銅版画を入れたのもが多く使われていて華やかなもの
が多かったです。19世紀中頃には写真入りの名刺も登場いたしました。
これはフランスの写真家ディスデリにより考案され写真をいれやすい
よう57mm×82mmサイズで作成されております。 これが現在の日本
とフランスの名刺のサイズがほぼ同じ 大きさになっている理由とい
われております。

日本では19世紀初頭江戸時代から使われ始めたといわれています。
訪問先が不在の時に和紙に墨で名前を書いたものを置いてくるとい
う ものでした。現在の名刺と近い印刷された名刺が仕様されるのは
幕末の頃だといわれています。木版印刷した名刺が使われ外国人と
接する際に交換したという記録が残っています。 1854年の幕末に黒
船が二度目の来航をしたときにアメリカ使節団 と幕府の代表が交換

したものが現存する日本国内で受け取った 最古の名刺とされております。