よくある質問 | 名刺印刷の名刺屋ドットコムよくある質問 | 名刺印刷の名刺屋ドットコム

名刺印刷の名刺屋ドットコム HOME > 名刺豆知識


第4回 記憶に残る名刺の作り方

ビジネス等で毎日名刺交換をされている方も多いと思います。もらった
名刺を見て『あれ、これ誰っけ?』というのは誰しもあると思います。
せっかく名刺を配っても埋もれて埋没してしまっては意味がありません。
お客様に強く印象に残る名刺、今回ははその方法をいくつか紹介致します。


写真・似顔絵を入れる。

文字だけの名刺より写真や似顔絵を入れると相手の記憶に残りやすい
です。TVで芸能人の顔を見てあれ見たことあるけど名前なんだっけ・・
みたいなことがあると思います。人は名前よりまず顔で記憶をします。
恥ずかしいと嫌がる人も多いですが写真や似顔絵をいれることで印象を
強く残すことができます。

・プロフィールを入れる

出身地・趣味・生年月日・資格・経歴・いままでの実績etcプロフィールを
載せてみましょう。相手との話がはずむきっかけにもなります。


・肩書きを工夫する。

たとえば同じデザインの名刺でも肩書きに「名刺担当」もう一枚には「年間
1000枚以上作成する名刺のプロフェッショナル」と二種類あったら後者の
ほうが明らかにインパクトがあり印象にも残ると思います。
自分の特徴をうまく肩書きにすることでその分野の専門性を強くアピール
することが出来ます

・加工する。

浮き出し加工をして凹凸をつけたり、点字の加工をすることにより同じデザイン
でも加工をすることにより付加価値をつけ他の名刺との差別化が可能です。